« レポート 続き | トップページ | 年末年始 »

2014/12/08

ゴールウェイと三島

アイリッシュまみれだった三週間の、最後のレポート。

大分遅れましたが、11月2日は皆さん、お疲れ様でした!
しかし更に約三年ほど遡りまして・・・。
まずは2012年の1月28日にアンダースと梁池さんがゴールウェイから三島にやって来た時の話から。(過去記事アイルランドの音楽に魅せられた人達を参照)
その日、なんと福岡からボタンアコーディオンを持ってギグルにやって来ていた町田さん。過去記事の動画の中でも、ボタンアコーディオンをとても楽しそうに弾き、セッションをぐいぐい引っ張っています。
その町田さんが、同じくアイルランドのゴールウェイに滞在していたバンジョー弾きの松岡くんと共に帰国し、九州に帰る間に三島に寄ってくれました。

(ゴールウェイという町はアイルランド第三の都市と言われていますが、都会過ぎず田舎過ぎず、大学もあったりで何となく三島に似てるかなぁなどと思っていました。小さい国なので、第三の都市でも三島くらいかと思ってしまいます。外国人にとっても住み易いのか、日本人にも何人か会いましたし。そもそも梁池さん達がゴールウェイに住んでいてアンダースは楽器のリペア職人で。彼らの周りに人が集まるのも当然の事かもしれませんね。)

Irish_session_giggle_20141102 11月2日のセッションも「ゴールウェイで知り合ったんです」という人達が、実際にギグルに集まりまして。あんなヨーロッパの端っこの、決してメジャーではない国で知り合った人達が、またこんな小さな町の、小さなパブで再会するなんて。音楽の力って凄いなぁって、つくづく思いました。

当のセッションはと言うと、やはりまだまだ知らない曲がたくさんあって、すごく楽しかったんだけど、落ち込んだ部分もありました。特に松岡くんのバンジョーが素晴らしくて、自分はバンジョーとフィドルと曲によって持ち替えて参加していたのですが、これからしばらくバンジョーを頑張ろうかな。という気になりました。皆さん、またやりましょう!

来年から、毎月第4土曜にIRISH SLOW SESSION(スローセッション)と銘打って、定期的に且つ初心者にも入り易いような、もっと間口を広げたセッションを展開して行くつもりです。興味のある方は是非、気軽にお越し下さい。(時間などの詳細はまた後日)

  「IRISH SLOW SESSION」のスタートにあたっては
      コチラ(↓)を参照にして下さい。
  「irish_session_22.pdf」をダウンロード

|

« レポート 続き | トップページ | 年末年始 »

Irish アイリッシュ」カテゴリの記事

live report ライブレポ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410387/58205966

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールウェイと三島:

« レポート 続き | トップページ | 年末年始 »