« やぎたこ ライブレポ | トップページ | GIGGLE End of the Year Party (忘年会) »

2013/10/11

違う音楽・・・?

9月28日。三島にまたMareka & Junji こと、内藤希花さんと城田じゅんじさんがやって来ました。(ブログで告知すると以前書いていましたが、告知し忘れてました。申し訳ありません!)
企画者は同じく、アルマジロさん。会場も同じく、via701にて。しかし今回はアルマジロさんも司会ついでに一曲披露し、我らがGIGGLEGIGも前座で出させてもらいました。正直ぼくはステージでの演奏はあまり得意でなく(しかも会場内全ての人がノンアルコール)、ナターシャーセブン時代の城田さんを知っているメンバーに至っては、前日からもう緊張していたらしい。そんな状況でしたが、セットリストの半分以上を新曲にして自分達に新鮮味を与え、どうにかステージをこなしました。それに引き換え次に演奏した浜野さんの、落ち着いた堂々たるソロ。「渋いねぇ~」と、旧友である城田さんも加わっていぶし銀のコラボレーション。カッコいい大人達だなぁ。
そして満を持して登場の城田さんと希花さん。軽快なトークでお客さんを笑いに包みながら、今回はアイルランド音楽に限らずかなりバラエティに富んだ選曲でした。でもやっぱり、ラストのリールのセットは凄まじかった!アイルランドのエニスと言う小さな町のセッションで感じたような、力強さ、うねるような感じ、一体感、何て言ったら良いかわからないんだけど、何でこんなに凄いんだろう。 ・・・っていうあの感じ。そんな音楽を、三島でまた聴けるなんて!
上の動画はまたギグルに打ち上げを兼ねてセッションしに来てくれた時のですが、ひしめき合った喧騒の中での演奏も最高でした!カメラのフラッシュが少しやりづらそうですが・・・。自分も今回はバイオリンとバンジョーで参加させてもらいまして、前回よりも少し多く一緒に出来ました。(というか、気を利かせてくれてこっちが知ってる曲をやってくれていた。)本場の、あのアイルランドの片田舎の、「あなた、演奏するんですか!?」っていうようなおばちゃん達までがめちゃくちゃ上手かったり、途中から参加できなくなって聴きながらただただ感動して泣いていたり、生意気にも「リールかジグばっかりですよね。他のリズムのチューンはやらないんですか?」と聞いたら3拍子のワルツを演奏し始めて、その曲でも泣いてしまって「あぁ、この人達は自分が弾いているのとは違う音楽を弾いているんだ。」と思ってしまった、あの感じのセッションに参加できて幸せでした!
チキショー!何であんな音が出せるんだ、うちらも出してみたいぞ!セッションメンバーも常時募集中!少しでもアイルランドの音楽に興味がある人はThe Sessionに登録して曲を覚えよう!別に登録しなくても覚えよう!クラシックのバイオリンを習ってて今持て余してる人、フィドルに切り替えよう!ギターが弾ける人、テナーバンジョーも弾いてみよう!結構安く売ってるよ!セッションしたいぞーーーー・・・・って、心の叫びが出ましたが、まずは自分がもっと上手くならなくては。一人でも聴かせられるやつは、一人でも聴かせられるんだ。

|

« やぎたこ ライブレポ | トップページ | GIGGLE End of the Year Party (忘年会) »

Irish アイリッシュ」カテゴリの記事

live report ライブレポ・動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410387/53561482

この記事へのトラックバック一覧です: 違う音楽・・・?:

« やぎたこ ライブレポ | トップページ | GIGGLE End of the Year Party (忘年会) »